たちごけ

気の向くまま、足の向くまま  

XJR1300と日常

秘湯

5月5日(水) 六日町温泉 山岳荘へ5

ネットで県内の温泉を検索してたら、面白そうな入浴施設があったので行ってみました。(^^)/

普通に国道を走って行くのも芸がないので、見附市〜長岡市栃尾経由でバイクを走らせました。

CIMG0906_R見附市内を走ってると、同僚のsuzuki君発見!
信号待ちした所で隣に寄って、|〃▽〃)ノィョゥ 
聞いたら、彼も六日町温泉へ行くとのこと
なので、途中まで一緒に行くことになりました。(^^)

CIMG0910_RCIMG0911_RCIMG0912_R”道の駅ゆのたに”で、おやき(野沢菜、ふき味噌)を食べながら、休憩です。

この後、彼は混浴温泉に行かねばと言うので(笑)、しばらく一緒に走って途中で別れました。(;^ω^)



CIMG0935_RR17を外れ、関越自動車道の下をくぐり、県道124号線に入ると、
田んぼの真ん中に、山岳荘さんがありました。


CIMG0915_R何とも通好みじゃありませんか



CIMG0934_R入り口には、「中華人民共和国大使館御一行お泊り」
「東京経済大学様御宿」の看板が・・・
そんな過去があった由緒ある旅館だったんですね。(;^ω^)
現在、旅館業はやってないそうです。

CIMG0916_RCIMG0925_R玄関で400円を払い、廊下を進むと、一番奥に大きいお風呂があり、その手前に小さいお風呂がありました。
男湯・女湯の区別は無かったですね。
早い者勝ちといった所か? (;^ω^)
客は、私一人で貸し切り状態だったので、両方行ってみました。(笑)

CIMG0920_RCIMG0929_R加熱無し、加水無しの掛け流しの温泉です。
何とも贅沢


CIMG0918_RCIMG0922_R温泉独り占めであります。(^^)



CIMG0924_RCIMG0923_Rシャンプー・石けんは置いてあります。
←この蛇口の使い方が分からなかったです。(^^;)



CIMG0931_R休憩大広間もあるんですが、何ともカビ臭い・・・



CIMG0932_Rテーブルに置いてあった新聞の日付を見て、ゆっくりした時の流れがこの宿にあるんだと思いました。


穴場だと思いませんか?
贅沢なひと時を楽しませてもらったと、感じています。(^^)
ぼっこれそう(壊れそう)な温泉お宿、☆☆☆☆星四つです!



CIMG0939_RCIMG0938_RCIMG0937_Rこのあと、魚沼スカイラインで遊んで帰りました。(^^)/
ここも気持ちいい!!


おまけ / 音量・騒音注意(;^ω^)




10月4日(日)銀山平・駒ノ湯温泉5

と言うことで。。。(;^ω^)

消えた写真も復活した事ですし・・・


より大きな地図で 銀山平 を表示
奥只見から檜枝岐を結ぶ国道352号線を、銀山平まで遊んできました。(^^)
朝5時半集合、出発であります。

$IMG0598_R
枝折峠に向かう途中のS君
朝からエンジンの吹けが思わしくないらしく、シェーのポーズであります。w
気温の低さと、霧からくる湿気の多さが原因じゃないかと言ってました。

$IMG0601_R
素晴らしいワインディングを楽しみながら走り抜けると、あっという間に枝折峠に到着です。v(´∀`*v)ピース
絶景かな絶景かな。。
紅葉にはまだ少し早いようです。

$IMG0602_R$IMG0603_R$IMG0605_R

お約束の記念撮影(枝折峠)



$IMG0606_R峠を下って、銀山平に到着です。



このまま檜枝岐村まで行くかどうか・・
午後から用事があるというS君のために戻ることにしました。
この先は次回にでもね


$IMG0611_R駒ノ湯温泉に寄り、汗を流すことにしました。







$IMG0614_R$IMG0615_R浴槽の真ん中から吹き上げるほどの豊富な湯量なんですが、32.1℃の泉温に唇が青くなりかけますw
というのは、冗談ですがw
ちょっと暖まるつもりで寄った温泉でしたが、長く浸からせて頂きました。(;^ω^)


より大きな地図で 駒ノ湯温泉 を表示
日本有数の秘湯!
ぜひお立ち寄り下さい。

プレストコーポレーションオフィシャルホームページへ
livedoor プロフィール

たちごけ

記事検索
  • ライブドアブログ