たちごけ

気の向くまま、足の向くまま  

XJR1300と日常

温泉

7月10日(日) 三国川ダム5

家に居ると何をやらされるか分からないので、取りあえず家を出た
梅雨は明けたんでしょうか?
朝からお日様元気出してます。
あちぇ
長岡市栃尾の道の駅にでも行こうかと・・・
道の駅は、ツーリングの団体さんで一杯だったので、スルーしました。
道の駅ゆのたに で休憩を入れ、取りあえずの目的地を考えた。
浮かばない・・・
で、また走っていると 三国川ダム(さぐりがわダム)の看板が目に入ったので、そっちへ
CIMG0980
CIMG0974
高さ119.5メートルのロックフィルダムで、洪水調節・不特定利水・上水道・水力発電を目的とする、国土交通省直轄の多目的ダムである。(Wikipediaより引用)
初めて来ましたよ。
CIMG0975
CIMG0976
湖をぐるっと一週出来るんです。
CIMG0977
カヌー教室でしょうか。
CIMG0978
砂防ダムから落ちる水が涼しさを演出してくれています。

CIMG0982
ダムの帰りに立ち寄った、五十沢温泉ゆもとかん
アルカリ単純泉の混浴で露天風呂もある、広くて良い温泉でした。(500円)
暑い日に熱い温泉に浸かり、汗が止まりません(笑)
CIMG0983
川口の国道8号線沿いにある ラーメンつり吉 さんで、お昼にチャーシュー麺(無し)を食べて帰りました。
また汗が止まらない
細麺ながら、腰のある美味しい麺です。
チャーシュは、味がしかり浸みた、噛む度に味が染み出て美味しかった。

何でもない普通の日曜日でした(笑)

8月21日(土) R352樹海ライン5


より大きな地図で 沼田街道/国道352号線 までのルート を表示

奥只見から檜枝岐村に抜ける国道352号線をセローで走ってきました。
銀山平までは何度かXJR1300でも訪れていたのですが、その先は未開拓だったのです。(^ω^)
CIMG1172_R
その前に栃尾でメーターが並んだので、記念に。


CIMG1173_RCIMG1174_R銀山平
キャンパーや釣り人が大勢訪れていました。


CIMG1175_Rグミ沢トンネル
照明が無く、トンネル内も微妙にカーブしてて先が見えない。
ちょっと怖かった。(;^ω^)

CIMG1177_R沢水注意
段差注意
これこれ! R352樹海ラインに来たい理由の一つ。(^ω^)

CIMG1180_R好天続きで水も少なめ?
でも嬉しいのだ。w


CIMG1179_R何かあったらどうしよう・・・
一部DoCoMoが使える区間がありましたが、auはずっと圏外でした。


CIMG1181_Rだいぶ奥まで来たのかな。



CIMG1182_R橋があったので記念撮影。
川が綺麗です。


CIMG1184_RCIMG1185_R県境です。
うつくしま、ふくしま。(^ω^)


CIMG1187_RCIMG1186_R尾瀬への入り口を過ぎ、先を進むと『もうかけの滝』の案内があったので寄ってみました。


CIMG1190_R思った以上に迫力のある滝でした。
立ち寄って良かったと、心の中でつぶやく。(笑)



檜枝岐の温泉街を抜け、今回の目的は達成されたのでした。

CIMG1192_RCIMG1191_Rそして木賊温泉に来ました。
河原にある混浴の共同浴場で、風情がありますね。
お湯はちょっと熱め。
我慢できなくなって川に飛び込みました。(;^ω^)
やっぱ温泉と川はセットで付きものだと思います。( ̄□ ̄;)!!
温泉は透明色で少し硫黄臭のある良いお湯でした。

CIMG1196_R木賊温泉の次に訪れたのが、湯ノ花温泉です。



CIMG1195_Rこちらのお湯は無色、無臭で、少しカチッとした感じの温泉でした。
ここも、やはり少し熱めなお湯でした。
近くに川もあったのですが、裸で向かうには距離がありすぎたので、ここは我慢して汗をながします。
入ったお風呂は、村民専用だったようで・・・
隣に観光者向けの浴槽があったのは、出てから気がついたというボケをかましてしまったのでした。
ある意味村民になれたのかな?w

湯ノ花温泉からは、田子倉経由で帰路につきました。

CIMG1197_R道の駅いりひろせ
アヒルが一羽で寂しそう。


5月5日(水) 六日町温泉 山岳荘へ5

ネットで県内の温泉を検索してたら、面白そうな入浴施設があったので行ってみました。(^^)/

普通に国道を走って行くのも芸がないので、見附市〜長岡市栃尾経由でバイクを走らせました。

CIMG0906_R見附市内を走ってると、同僚のsuzuki君発見!
信号待ちした所で隣に寄って、|〃▽〃)ノィョゥ 
聞いたら、彼も六日町温泉へ行くとのこと
なので、途中まで一緒に行くことになりました。(^^)

CIMG0910_RCIMG0911_RCIMG0912_R”道の駅ゆのたに”で、おやき(野沢菜、ふき味噌)を食べながら、休憩です。

この後、彼は混浴温泉に行かねばと言うので(笑)、しばらく一緒に走って途中で別れました。(;^ω^)



CIMG0935_RR17を外れ、関越自動車道の下をくぐり、県道124号線に入ると、
田んぼの真ん中に、山岳荘さんがありました。


CIMG0915_R何とも通好みじゃありませんか



CIMG0934_R入り口には、「中華人民共和国大使館御一行お泊り」
「東京経済大学様御宿」の看板が・・・
そんな過去があった由緒ある旅館だったんですね。(;^ω^)
現在、旅館業はやってないそうです。

CIMG0916_RCIMG0925_R玄関で400円を払い、廊下を進むと、一番奥に大きいお風呂があり、その手前に小さいお風呂がありました。
男湯・女湯の区別は無かったですね。
早い者勝ちといった所か? (;^ω^)
客は、私一人で貸し切り状態だったので、両方行ってみました。(笑)

CIMG0920_RCIMG0929_R加熱無し、加水無しの掛け流しの温泉です。
何とも贅沢


CIMG0918_RCIMG0922_R温泉独り占めであります。(^^)



CIMG0924_RCIMG0923_Rシャンプー・石けんは置いてあります。
←この蛇口の使い方が分からなかったです。(^^;)



CIMG0931_R休憩大広間もあるんですが、何ともカビ臭い・・・



CIMG0932_Rテーブルに置いてあった新聞の日付を見て、ゆっくりした時の流れがこの宿にあるんだと思いました。


穴場だと思いませんか?
贅沢なひと時を楽しませてもらったと、感じています。(^^)
ぼっこれそう(壊れそう)な温泉お宿、☆☆☆☆星四つです!



CIMG0939_RCIMG0938_RCIMG0937_Rこのあと、魚沼スカイラインで遊んで帰りました。(^^)/
ここも気持ちいい!!


おまけ / 音量・騒音注意(;^ω^)




プレストコーポレーションオフィシャルホームページへ
livedoor プロフィール

たちごけ

記事検索
  • ライブドアブログ